RecoveryConference2020_WebHeader_JPN.png

ICRP 原子力事故後の

復興に関する国際会議

福島及びこれまでの事故から学ぶ

放射線防護の教訓

令和2年12月1日〜18

セッション 1.3

環境影響及び事故に付随する社会的、倫理的問題

共同座長:

塚田 祥文 - 福島大学 (FU、日本)
甲斐 倫明 国際放射線防護委員会 (ICRP)

招待講演

第1部: 環境影響

Image by jo vangrinderbeek

福島の環境中における放射性セシウム

塚田 祥文 (FU、日本)

kubota_edited.jpg

福島に生息する野ネズミの染色体異常

久保田 善久 (QST、日本)

Image by Lukasz Szmigiel

過去の事故から得られた環境影響に関する教訓

David Copplestone (ICRP)

第2部:社会的、倫理的問題

Image by Aziz Sıtkı Eskin

東日本大震災後の風評被害

関谷 直也 (UTokyo、日本)

1.3-Hiroko-Yoshida

トリチウム水問題に関するJHPS国際シンポジウムのまとめ

吉田 浩子 (TU、日本)

1.3 Debrah oughton.jpg

汚染された生態系における持続可能な発展への倫理的側面

Deborah Oughton (NMBU、ノルウェー)

一般発表

第1部: 環境影響

福島事故後、電離放射線に被ばくした日本のヒマラヤスギの吸収線量率評価

R.A. Mikailova, Yu. Onda, S.V. Fesenko, H. Kato

福島土壌プロジェクト-提案

A.N.C. Silva, R.S. Amaral, J.A. Santos Júnior, J.W. Vieira

チェルノブイリ事故後のネズミ科齧歯動物に対する放射能汚染の長期的な影響

A.G. Kudyasheva, L.A. Bashlikova, O.V. Ermakova, O.V. Raskosha, A.M. Kadukova, S.V. Gancharou

阿武隈川 黒岩地点を対象とした長期放射性セシウム濃度のモデル化

佐佐木光、森高祥太、五十嵐康記、難波謙二

ベラルーシ共和国の汚染地域におけるチェルノブイリ起源137CSの垂直移動

O. Zhukova, Z. Bakarykava, L. Rozdyalouskaya

福島事故後の復興段階のモデリング:移動性ビンナガマグロにおけるセシウム137の生体内蓄積の予測

L. Brinkmann, D.J. Rowan

第2部:社会的、倫理的問題

原子力事故後の食品国際貿易における統制:ICRPの勧告の役割

石川  義道

大規模放射線事故における一般市民の保護:放射線による非難の横行の克服

Y. Konstantinov

阿武隈川 黒岩地点を対象とした長期放射性セシウム濃度のモデル化

佐佐木光、森高祥太、五十嵐康記、難波謙二

主催

Q8sPs915.png

主催

詳細については、ICRP科学秘書官補佐の藤田博喜(recovery@icrp.org)まで、お問い合わせ下さい

© 2020 ICRP, 国際放射線防護委員会

  • White Twitter Icon
  • White YouTube Icon
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon