RecoveryConference2020_WebHeader_JPN.png

ICRP 原子力事故後の

復興に関する国際会議

福島及びこれまでの事故から学ぶ

放射線防護の教訓

令和2年12月1日〜18

セッション 3.3

専門家と専門組織の役割

共同座長:

高村 昇 - 長崎大学 (NU、日本)

Jean-Christophe Gariel - 原子力安全・放射線防護研究所 (IRSN、フランス)

招待講演

orita_edited.jpg

長崎大学・富岡町復興推進拠点における富岡町での放射線健康リスクコミュニケーション活動

折田 真紀子 (NU、日本)

3.3-Hiroki-Yamanishi.jpg

川俣町の子どもたちの線量測定支援活動

山西 弘城 (KINDAI、日本)

ShinjiTokonami_edited.jpg

弘前大学が取り組む福島県浪江町での支援活動

床次 眞司 (弘前⼤学、日本)

Fukushima_Town_in_2005.jpg

事故後の復興における専門家の役割

Jean-Christophe Gariel (IRSN、フランス)

3.3-Labrans-Skuterud.jpg

専門家と専門家組織の役割について:チェルノブイリ事故後のノルウェーからの経験と見解

Lavrans Skuterud (DSA、ノルウェー)

3.3-Anne-Nisbet.jpg

復興ハンドブック製作における専門家の役割:イギリスとヨーロッパでの経験

Anne Nisbet (PHE、英国)

一般発表

事故後状況管理の準備段階における利害関係者の関与

F. Gabillaud-Poillion, J.M. Bertho, C. Reuter, O. Rivière, J.L. Lachaume

ロシアのチェルノブイリ被災地の住民への放射線リスクの伝達:学んだ重要な教訓

I. Abalkina, E. Melikhova, M. Savkin.

原発事故後の大学・学部教育における専門家の社会的役割に関する考察

水野  義之

主催

Q8sPs915.png

主催

詳細については、ICRP科学秘書官補佐の藤田博喜(recovery@icrp.org)まで、お問い合わせ下さい

© 2020 ICRP, 国際放射線防護委員会

  • White Twitter Icon
  • White YouTube Icon
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon