RecoveryConference2020_WebHeader_JPN.png

ICRP 原子力事故後の

復興に関する国際会議

福島及びこれまでの事故から学ぶ

放射線防護の教訓

令和2年12月1日〜18

セッション 2.1

被災地への帰還、生活及び仕事

共同座長:

野口 康成 - 内閣府 (CAO、日本)
Thierry Schneider - 原子力防護評価センター (CEPN、フランス)、国際放射線防護委員会 (ICRP)

招待講演

2.1-Yasunori-Noguchi.jpg

帰還政策の概要

野口 康成 (CAO、日本)

fukushima sarcophagus.jpg

川内村の状況

井出 寿一 (K-Labo、日本)

2.1-Genkatsu-Kanno.jpg

川俣町山木屋地区住民の証言

菅野 源勝 (川俣町山木屋地区、日本)

2.1-Shinya-Kurosawa

震災と原発事故からの復興状況と町の現状

黒澤 真也 (富岡町、日本)

2.1-Toshimitsu-Homma.jpg

備えるために何を学んだか?NEAワークショップ「事故後の復旧への備え:経験からの教訓」の概要

本間 俊充 (NRA、日本 & ICRP)

Online Workshop

Q&A

司会者: 野口 康成 (CAO、日本)、Thierry Schneider (CEPN、フランス  & ICRP)

一般発表

避難指示解除後の小高区の復興と課題

根本剛実

クイシトゥイム及びチェルノブイリ事故の被災地の復興の比較

S. Fesenko, N. Sanzharova

チェルノブイリ事故後の公衆被ばくの放射線モニタリング

A. Nikalayenka

主催

Q8sPs915.png

主催

詳細については、ICRP科学秘書官補佐の藤田博喜(recovery@icrp.org)まで、お問い合わせ下さい

© 2020 ICRP, 国際放射線防護委員会

  • White Twitter Icon
  • White YouTube Icon
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon